ヘビギンポ科

Sakushita 5m
アカヘビギンポの雄の婚姻色。

Sakushita 3.5m
ヘビギンポ科の中で、大瀬崎では一番数の多いヘビギンポ。
黒い婚姻色との中間の色彩です。

Sakushita 3.5m
ヨゴレヘビギンポの雄の婚姻色。

7月4日 湾内の生き物たち

Wannai 24m 70mm
イバラタツ。

Wannai 24m
ムラサキウミコチョウ。

Wannai 10m 12mm
小さなアミメハギ。

Wannai 5m 120mm
セミホウボウ。朝イチでは2匹仲良しでしたが・・・

イタリア製 OZBEK future 刺繍入りチュニックワンピース Wannai 5m
午後はハグレて一匹になっていました。

Wannai 5m 60mm
安全停止中のカエルアンコウ。

Wannai 0.1m 25mm
アオリイカの幼体。
これから水面も楽しくなるといいですね。

 

ヒメテグリ

Sakushita 3.5m
柵下で久々のヒメテグリに会えました。
ヒレ全開のところをちゃんと撮りたいです。

ボロカサゴ

Sakushita 18m
最近はそれほど広くない範囲を動き回っているボロカサゴ。
少し体が汚れてきたようです。

16466円 経典ブランド 新品 STINE GOYA アートプリントブラウス
16466円 経典ブランド 新品 STINE GOYA アートプリントブラウス
Reviews: 4.6 - "1" by, に書かれています
中国の鉛筆は日本の鉛筆より細いようで、一般的な三菱9800が入りません。使えるかどうかより鉛筆が入らないのは問題外です。確かに木製の柄の部分は鉛筆より細いです
3 - "2" by, に書かれています
部品の一部に歪みがあったが特にもんだいなさそうなのでそのまま使っている。冷やす性能は問題なさそう。100リットルサイズの箱でも冷やせている実感はある。しかしやはり無理があり、追加でもう一つ発注した。時間がかかりすぎることと、ずっと動きつづけるので不安だから。一つ欠点があるとすれば、冷却ファンがうるさすぎる。何か他の静音ファンと交換したいが、まだ接続の仕様を確認できていないのでできていない。五月蝿さを気にしないでいられる環境で使われるならほぼ問題ないのではないか。まだ使い始めて1週間程度なので耐久など不明。
3 - "3" by, に書かれています
総合的にいいと思いますあとはこれから使ってみてからですね
4 - "4" by, に書かれています
ずっと互換インクを使っていたのですが、最近、プリンターが「充填に失敗しました」とし、認識しないことが頻繁に起こるようになりました。純正品を使用すれば、問題なく認識し、印刷できるのですが、なんといっても高すぎる。そこでタンク式のモノクロの160Tに買い換え、インクカートリッジの認識の問題から解放された。だが、ふとリサイクル品ではどうかと思い、試したところ正解でした。エコリカのリサイクルインクなら、純正品の半額ほどです。045Aを捨てず、カラー印刷が必要な時に利用することとし、延命しました。
4 - "5" by, に書かれています
模型製作時に発生したプラスチックの屑などが、飛び散ることがなくなり作業後の清掃が楽です。ラッカー等の油性の汚れはシンナーでふき取りOK。溶剤にも強く接着剤を使用しても割れることはないようです。ブックスタンドで説明書を立てかけても、十分な作業スペースが確保されます。写真に写っているカッターマットはA3サイズです。
5 - "6" by, に書かれています
パネル充電はかなりの晴天でないと時間がかかりますが、静音なのが良いです。また、ケンウッド公式サイトに製品番号と個人情報を登録(日本語)しておくことで、製品についての情報をいただけたり、質問に対応いただけるようになります。これは安心感があり良かったです。ポータブル蓄電池は高価なので、アマゾンでの購入前に色々なメーカーのアフターサービス情報を調べてから購入しました。
3 - "7" by, に書かれています
DIY用途でAC100Vのドリルドライバーを使っているが、些細な作業での重さやケーブルが面倒で取り回しの良いコードレスが欲しくなり電ドラボール等を候補にしたが高いのとバッテリーがヘタった時の事を考えて躊躇していたところ、この手の乾電池式が目にとまり評価の良いこちらを購入。良い点・比較的軽い・想像よりパワーがあった(木工の下穴開け、短めのビス打ち位なら困らない・低コストだが工夫されておりそこそこの精度がある・価格も含めて気楽に使える悪い点・内部ギアが樹脂製なので、斜めに負荷をかける等やり過ぎ厳禁・ビットを取り付けた時前後に遊びがあるエネループ等で使用するとしたら、他レビューにある通り電池を入れる所に余裕が無いので、電池を取り出しやすくする道具(針金の先を曲げてかき棒にする)等を用意するか 電池持ちを犠牲にして単4タイプを単3変換アダプターで使う等の工夫が必要になります。価格を考えればとても良い物です
4 - "8" by, に書かれています
レコードマットの種類は大体ゴム系、コルク、フェルトに分けられます。制振、レコードのスリップ防止、静電気防止、経年劣化などに対する得意、不得意がそれぞれの材質にあり、またメーカーによっても差異があります。レコードマットの交換はそこまで値が張らないので色々試してみると良いと思います。所有する機材と相性の良いもの、自分の好みの音を探すことができます。私の場合は、制振に特化したゴム系のマットを使っていたのですが、このフェルトマットに交換しました。今までの音は振動を殺しすぎていたのだなと実感しました。安い製品ですが、十分な品質だと思います。サイズが表記されていますから、確認して購入することをお薦めします。
4 - "9" by, に書かれています
餌入れ(高5×直径5cm)深すぎです。 真ん中のとまり木からオモチャで遊びにくそうで 落ちそうになります。階段の側面に付け替えようかと考え中です。ちなみに文鳥を飼っています。使用に全く問題ないので返品等はしませんでしたが プレートと縦に長い棒の側面にいくつか凹みやキズがありました。
2 - "10" by, に書かれています
写真よりも実際はもう少し落ち着いた色合いで、上品でした。とても気に入ってます。
4 -

ツバクロエイ


砂に潜っていたツバクロエイ。
ツバクロエイの形跡が外海にはたくさんあります。

Sakushita 8m
ツバクロエイとゲストさん。

Ohkawashita 6m
ゴミにカワハギ類の幼魚がついていました。

 

湾内の生き物たち

Wannai 18m
かわいいシマウミスズメの幼魚。

Wannai 16m
こちらもかわいいオオモンカエルアンコウの幼魚。

Wannai 19m
ヒシガニの威嚇。

 Wannai 1.5m
貝殻に入っていたニジギンポ。